シャドウバース ロイヤルデッキの回し方は?

kuikku

 

ここでは、シャドウバースのロイヤルデッキを扱う際の回し方について紹介します。

 

シャドウバースでは、良く利用されるロイヤルデッキ。低コストで組むことが出来て、さらに、使い方がシンプルという事もあり、初心者に人気です。また、最強クラスのデッキもいくつかあり、現環境では、ロイヤル最強とも言われます。

 

そんなロイヤルデッキですが、始めは、どのように戦ったらいいのかわからないという方も多いと思います。そこで、ここでは、ロイヤルデッキの回し方について簡単にご紹介します。

 

シャドウバースのロイヤルデッキの特徴をおさらい

egao

シャドウバースでもっとも採用率の高いクラスのロイヤルですが、このクラスデッキを回していくときには、どのような戦略が大切なのでしょう?ここでは、よく利用されるロイヤルデッキの回し方について紹介します。

 

はじめに、簡単に、ロイヤルデッキの特徴と種類を確認しておきます。

erika2
得意な局面 序盤~中盤
難易度 初級~中級
流行のデッキ フェイスロイヤル、ミッドレンジロイヤル、威光ロイヤル

 

ロイヤルは、低PPのフォロワーを多数繰り出し、序盤からプレイヤーを攻撃していくことで勝利を目指すデッキになります。

 

引き直しではPP1~2のカードを引き、早めに、フォロワーを展開していくことがポイントになります。。低コストに優秀なカードを揃えるロイヤルは、序盤から攻めていくアグロ系のデッキ構成に適しています。

 

クラスの大きな特徴は以下の通りです。

 

 ➡ 最も低コストで作ることができる

ロイヤルは一番低コストで作れるクラスです。レジェンドは勿論、ゴールドカードもほとんど必要ないので、初心者でも作りやすいです。

 

 ➡ フォロワーを多く並べてごり押しと戦い方がシンプル

ロイヤルは、フォロワーを多く並べて物量で押す戦い方を得意とするリーダー。兵士と指揮官をうまく活用して、有利に自分の場を展開していきます。

 

 ➡ 優秀なデッキやカードが豊富

ロイヤルクラスは兵士と指揮官というクラスを持ちます。メイドリーダーがとにかく優秀で、早い段階から攻めるのも中盤戦で除去し合うのも得意です。

 

レジェンドレアにも優秀なカードがありますが、小型と中型のフォロワーがメインなので必須ではないですよ。フェイスロイヤルやミッドレンジロイヤルなど扱いやすい上に強力なデッキがあり、初心者におすすめです。

 

 ➡ カードの性質上、柔軟性に欠ける

ただ、カードの性質上、柔軟性に乏しいので、デッキが綺麗にマナカーブを描けなければ戦いは厳しくなることも多いです

 

 

よく登場するデッキとその特徴は?

それでは、シャドウバースのロイヤルデッキで良く出てくるロイヤルクラスのデッキを紹介します。たいていは、いずれかでデッキを組むことになりますので、とりあえず、ここで紹介するロイヤルデッキを扱えるようになれば、ロイヤルの回し方はマスターできるでしょう。

 

 

アグロロイヤル

kuikku

低コストフォロワーで場を制圧し、短期決戦を狙うデッキ

低コストフォロワーからの強化が基本

アグロロイヤルは、低コストフォロワーを多数展開して、「フェンサー」や「セージコマンダー」といった指揮官フォロワーで強化して相手リーダーを圧倒するデッキです。

 

低コストで安定している

低コストカードが多いため事故が起こりにくく、どのデッキが相手でも安定した戦いができます。

 

守護相手はきつい

守護系のデッキ相手だと攻めきれない場合も多く、守護多めなビショップデッキ等に弱いです。低コストカードが多いため、序盤の猛攻を凌がれてしまうとして後半かなりきついです。

 

そのため、中盤、終盤も息切れせず戦えるミッドレンジロイヤルというデッキも考察されました。アグロロイヤルも強いデッキですが、勝率が悪いならミッドレンジロイヤルに切り替えたほうがいいです。

 

ミッドレンジロイヤル

o-reria3

中盤の対応力を高め、序盤から中盤にかけて勝利を狙うデッキ

序盤から中盤に勝負を決める

ミッドレンジロイヤルは、序盤のフォロワー展開力もあり、フェイスロイヤルが苦手な中盤の対応力を高めたデッキで、序盤から中盤にかけて勝利を狙えます。序盤の動きはフェイスロイヤルと同じで、多数フォロワーを展開して風神などでフォロワーの攻撃力を強化し、一気にダメージを与えます。

 

中盤以降はオーレリア

中盤以降はメイドリーダーでサーチしたオーレリアをプレイすることで、ミッドレンジドラゴンなどに対抗できます。

 

除去スペルと守護フォロワーに弱い

ミッドレンジロイヤルは、フォロワーの数と、フォロワーの攻撃力の強化が勝負を大きく分けることもあり、、複数のフォロワーを除去されるスペルと体力の高い守護フォロワーに対して弱いです。特に、除去系のスペルとネクロマンスでフォロワーの強化や複数体を同時に場に出せるミッドレンジネクロはきついです。

 

フェイスロイヤル

sippuudotou2

コスト4以下のフォロワーで圧倒する超速攻デッキ

低コストからのフォロワー展開で圧倒するのが基本

フェイスロイヤルは、序盤から低コストフォロワーを展開していき、素速く相手リーダーの体力を削れるデッキです。

 

素早く勝負を決められる

マリガンでの事故率が非常に低く、開始直後から手数で圧倒すれば、6ターン以内に決着がつきます。また、全体除去カードをプレイされたとしても、それまでにある程度リーダーのライフを削ることにより、疾走フォロワーでも勝つことが出来ます。

 

連続の守護フォロワーはきつい

速攻で相手リーダーの体力を削っていくのが基本ですが、その分ステータスが低いものが多いため、低コストの守護フォロワーを立て続けに出されたら対応できず、逆に、フォロワーも削られて、きつくなります。長期戦に持ち込まれると脆いです。また、息切れが早く、ドローソースもないため序盤でもたつくと、中盤~終盤で手札枯渇が起こり、全く動けない状況が生まれます。

 

以上がロイヤルデッキのメジャーなものになります。自分のデッキをどれで組むかによって、回し方も変わってくるので、自分のデッキに合わせて、回し方を次で確認していきましょう。

 

ただ、初心者の場合は、どれでやっているのかよくわからないという方も多いと思います。始めのデッキは、何デッキなのかよくわかりませんよね。

 

基本は、始めでも紹介したように、低PPのフォロワーを多数繰り出し、序盤からプレイヤーを攻撃していくことで勝利を目指すデッキとなっています。

 

一番初めのデッキは、特に○○ロイヤルというような名前がついているわけでもなく、ロイヤルクラスの基本的な戦い方、つまり、低コストフォロワーの繰り出しと序盤からの攻撃がポイントになります。

 

具体的には、あるデッキを組んだ時の立ち回りを読んで、感覚を掴んでいただければと思います。

 

 

アグロロイヤルの回し方は?

kuikku

低コストフォロワーで場を制圧し、短期決戦を狙うデッキ

それでは、はじめにアグロロイヤルデッキの回し方を見ていきましょう。

※マリガン:最初にカードを任意の枚数デッキに戻して引き直すこと

ここではアグロロイヤルで初手に持っておきたいカードについて解説します。


マリガン

先行時・後攻時のマリガン

1コストのカードを何とか手にしたいです。毎ターンの自分の動きを無駄にしないように、コストが1、2、3と連続していく事がポイントになります。


1~2ターンの回し方

1ターン目には、コスト1のクイック部レーダー、ヴァンガード、ゴブリンを召喚します。

2ターン目には、不屈の兵士やオースレスナイトを召喚します。


3~5ターン目の回し方

3ターン目は、フェンサーを召喚し不屈の兵士を+1/+1パンプします。又はわがままプリンセスでフォロワーを展開していくのも一つの手です。

4ターン目は、フィールド状況を見てプレイしていきます。フォロワーが削られていたり、ブロッカーが要る場合はフローラルフェンサーを使い上手く切り抜けます。フローラルフェンサーの進化は出来る限り行っていってOKです。

5ターン目は、フォロワー数が削られたり、相手の大型フォロワーが出てくるくらいの頃合い。ですが、絶対的にピンチになる様なカードでなければ、無視して相手のライフを削ることが大切です。必ずアド損する場面も出てきますが、ライフアドで有利を取り、とにかく押し切ることで、勝利に近づけます。


6~8ターン目

相手の大型ブロッカーを処理するためにスニッピーガーデナーやホワイトジェネラルを有効利用していきます。

ブロッカーだけは無視できないので、爆死覚悟で攻撃していきましょう。。

7ターン目は、上手くいけば、ここで勝負がつきます。詰めの段階ではノーヴィストルーパーやクイックブレーダーといった疾走持ちフォロワーがいると有利です。

8ターン目は、十分なライフアドが取れていれば、かなり押し込めます。しかし、相手にも強力なフォロワー(ブロッカー)が多数召喚されているはずなので、ここでデモンストライクで勝負をかけていきたいです。

2枚あれば、デモンストライクだけで決められます。


以上がアグロロイヤルデッキの回し方になります。

作成コストが非常に安いにも関わらず現環境で非常に多くのユーザーが使用している、ロイヤルの速攻デッキです。とりあえず、このような回し方がロイヤルデッキの中で、基本的なので、初心者の方は、この回し方をある程度掴んでいただければOKです。

基本的には、序盤にどこまでダメージを与えられるかが勝負の速攻デッキ。ブロッカーを殴り倒すだけの火力もあるため、常にプレッシャーをかけ続けられます。プレイングが馴染めば連勝もできる、シャドウバースの入門に最適なデッキといえますよ。

ミッドレンジロイヤルの回し方は?

o-reria3

中盤の対応力を高め、序盤から中盤にかけて勝利を狙うデッキ

それでは、ミッドレンジロイヤルデッキの回し方を見ていきましょう。

※マリガン:最初にカードを任意の枚数デッキに戻して引き直すこと

ここではミッドレンジロイヤルで初手に持っておきたいカードについて解説します。


マリガン

先行時のマリガンは相手次第

先攻では出来る限り低コストのカードを手にすることが大切です。対戦相手が低速ならば、問題ないですが、5~8コストのカードはデッキに戻して置いた方が、後々の展開力を考えるといいです。

 

後攻時のマリガンも相手次第

後攻ではできる限り壁や、フローラルフェンサーを手にしておきたいです。進化を3回できるので、、こちらから積極的に展開し、相手の進化Pを消費させるのがコツとなります。


1~3ターン目の回し方

クイックブレーダーが引ければ、即召喚します。また、メイドリーダーや不屈の兵士などを使って、相手の低級カードを破壊したり、ライフを削ります。

 

フェンサーで不屈の兵士を強化したり、ノーヴィストルーパーでアドを取っていきます。


4~7ターン目の回し方

4ターン目には、フローラルフェンサーや勇猛たる騎士を出せるターンとなります。共に召喚効果を持っており、ボードを取りやすいということもあり、場の様子を見ながら出していきます。

 

5ターン目には、オーレリアや風神を出せるようになります。この時点では相手も強力なカードでボードを支配しようとしているはずなので、これらの強力なカードを出し戦線を有利に進めたいです。

 

6ターン目には、セージコマンダー、ツバキ、アルビダの号令、乙姫などのロイヤルデッキで重要な役割を果たすカードを展開できるようになります。場の状況を見つつ、ボード又はライフをコントロールしておきたいです。

 

7ターン目には、フロントガードジェネラルがプレイ可能な中盤となります。かなり優秀な盾として活躍しますので、相手によってはノータイムで召喚しても良いカードとなります。


8ターン目以降の回し方

ボードの状況を見つつ、乙姫&セージコマンダーのコンボでとどめを刺します。10ターン以降となると、ピンチです。序盤から中盤勝負なので、これ以上は危険です。


低コストで作成できるアグロロイヤルとは対象的に、非常に作成コストが高いです。もともと、アグロロイヤルデッキを中盤まで使えるようにするために作られたデッキという事もあり、ドラゴンデッキを見据えた構築になる事が多いです。

 

対応力の高さはロイヤルの強みでもあるので、サンプルレシピを参考に自分のデッキを作ることが大切です。

 

フェイスロイヤルの回し方は?

sippuudotou2

コスト4以下のフォロワーで圧倒する超速攻デッキ

それでは、フェイスロイヤルデッキの回し方を見ていきましょう。

※マリガン:最初にカードを任意の枚数デッキに戻して引き直すこと

ここではフェイスロイヤルで初手に持っておきたいカードについて解説します


マリガン

低コスト帯フォロワーが殆どのデッキなので、初期手札での事故はあまり起きないですが、始めに、1コスト、次に2コストのフォロワーを召喚して行ける展開を作りたいです。

 

ただし2コストを全部捨ててまで1コストを探す必要はないと思います。ポイントは、2コストのフォロワーを出せるようにするということです。


1〜3ターン

とにかく、リーダーを攻撃することを意識して低コストカードを展開していきます。そして、相手リーダーへの直接攻撃で攻めていきます。ここで注意したいのが、フォロワーを攻撃して消耗してしまうということです。

とにかく早くダメージを与えることが重要なので、毎ターンPPをぴったり使い切ることが大切です。


4〜6ターン

この段階では、相手の大型の守護を突破していく必要が出てきます。ゴブリンマウントデーモンのような大型守護を出されてしまった場合、こちらの場にフォロワーが多数並んでいるなら、こちらからは攻撃せず次のターンにセージコマンダーなどを使って、全体強化していきます。

 

何体かは場に残る事が多いので、全体強化をしつつセージコマンダーを進化させて、それで守護を倒したいです。ただし、このタイミングで、相手に、全体除去を撃たれてしまうと、勝つことは難しいです。敵リーダーが瀕死ならば撃たれる前にこちらから攻撃して疾走フォロワーに頼っていくことが大切です。

 

ちなみに、進化ですが、フローラルフェンサーを進化させる場合以外は、単純に相手の体力を減らす目的でどんどん進化させてしまってOKで、短期勝負を狙いたいです。


7〜10ターン

ここまでターン数がかかってくると、じり貧してしまいます。中途半端に盤面を維持するよりも、あくまでリーダー狙いで、デモンストライクや疾走持ちフォロワーでごり押ししましょう。


以上が各デッキの回し方になります。

 

これ以外にも、デッキはありますが、とりあえず、ロイヤルデッキを使いこなすために、ここまでの手順は慣れるようにしてくださいね。

 

以上、シャドウバースのロイヤルデッキの回し方についてでした。

 

ロイヤル関係の記事を以下でもまとめていますので、気になる情報を参考にしてくださいね!

【エリカ&ロイヤル関連おすすめ記事はこちら】

 

必見情報!!

シャドウバースをプレイするのであれば、カードの種類を出来るだけたくさんGETして、いろんなクラスのデッキを思う存分味わいたいですよね!

 

ロイヤルやネクロなど様々なクラスで、色んなデッキを構築していくことが出来ますが、少しでも色んな戦略を構築しながらデッキを組み、相手に自慢したいもの。

 

けれども、課金は正直したくないというのが本音だと思います。こうなると、そんな色んなクラスの強力なデッキを作れなかったり、デッキのバリエーションを増やせず、悔しいですよね。そんな課金が出来ず、クラスを一つに絞ったり、強力なデッキを組めず悔しい思いをしている方に朗報があります!

 

実は、シャドウバースには、カードパックをGETするのに必要なクリスタルを無料でGET出来る裏技が存在します!この裏技を今使って、強力なデッキを使う人が急増しているのですが、そんな方法知りたくないですか?

 

実際に、私や私の友人もこの方法を使って、カードパックを引きまくって、色んな種類のカードを集めて、全クラスの様々な強力なデッキを構築してシャドウバースを思う存分に楽しんでいます。エイラビショップやパメラウィッチ、竜呼びの笛ドラゴンなど話題のデッキすべてを堪能することが出来ます。

 

この方法を知らないというのは、そんなシャドウバースの楽しみの80%を捨てているのと同じだと思います。気になった方は、こちらをチェックしてくださいね。⇒シャドウバースでクリスタルを無料でGETする裏ワザはこちら

 

この方法で、カードパックを大量に引きまくり、様々なデッキを構築でき、さらにシャドウバースの世界を味わえます!ライバルに強力なデッキを使って圧倒していきましょう!