シャドウバースの竜呼びの笛のデッキは?評価は?

ryuunoyobihue
%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891

ここでは、シャドウバースに登場する竜呼びの笛の評価・おすすめデッキ、使い方などについて紹介します。

ryuunoyobihue
レアリティ レジェンド
クラス ドラゴン
種類 アミュレット
コスト 3
効果 ファンファーレ 覚醒状態なら、手札にあるコスト3以下の全カードを、ヘルフレイムドラゴンに変身させる。覚醒状態なら、自分がコスト3以下のカードを引くたび、ヘルフレイムドラゴンに変身させる。

 

シャドウバースの竜呼びの笛の特徴は?

ヘルフレイムドラゴンを呼べる

シャドウバースで初めてとなるレジェンドのアミュレットで、変身後のヘルフレイムドラゴンは2コスト4/3突進持ちとなっていて、2コストにもかかわらず、コスト5に匹敵するステータスを持っています。ヘルフレイムドラゴンを大量に召喚して攻めていくのはかなり強力です。

heruhureimudoragon

3コスト以下ならすべて変身させてしまう

変身するかどうかも決められず、3コスト以下のカードは自動的に、すべてヘルフレイムドラゴンになります。結果的に、竜呼びの笛を出したあとなど、戦法が絞られてしまいます。

 

既存のデッキには入れづらい

効果は強力ですが、現状のドラゴンはPPブーストを活かして高コストの力強いカードで押していくのが基本スタイルです。今のドラゴンデッキには、少し入れづらいです。竜呼びの笛を活かした新たなデッキの可能性があります。

シャドウバースの竜呼びの笛の使い方

構築戦

竜呼びデッキで活躍

序盤は手札を増やしていき、中盤から終盤に竜呼びの笛を使って、ヘルフレイムドラゴンを大量に使っていくタイプのデッキが組めます。上手くいけば、非常に相手を圧倒できます。

 

複数枚いれても腐りづらい

アミュレットは複数枚デッキにいれても、2枚目を活かしきれないので、1枚にしたいですが、竜呼びの笛は二枚目以降の竜呼びの笛をヘルフレイムドラゴンに変換できるので、その点、複数枚あってデメリットになることはありません。

 

2Pick

やや使いづらいかも

コスト3以下という条件なので、構築と比べると扱いにくいです。ですが、場に2枚、3枚とヘルフレイムドラゴンを出せると盤面を制圧して行けます。

竜呼びの笛と相性のいいカード

天竜を食う者

レアリティ ゴールド
クラス ニュートラル
コスト 6
攻撃力 6(8)
体力 6(8)
進化前 ファンファーレ 手札をすべて捨て、捨てたカード1枚につき+1/+1する。
進化後 効果なし

 

竜巫女の儀式と天翼を合わせ簡単に6コスで大型フォロワーを展開 しつつppブーストで竜呼びの笛を狙うタイプのデッキで、相手を圧倒できるデッキを組めます。

 

ムシュフシュ

musyuhusyu
レアリティ ゴールド
クラス ドラゴン
コスト 2
攻撃力 2(4)
体力 2(4)
進化前 他のフォロワーが進化するたび+2/+0する。
進化後 他のフォロワーが進化するたび+2/+0する。

2コストで2/2で普通にフォロワーとして活躍しますし、これが3コスト以下なので、ヘルフレイムドラゴンを呼べます。

シャドウバースの竜呼びの笛が使われるデッキ

相性のよいデッキは以下の通りです。

  • 竜呼びの笛フェイスドラゴン

逆に悪いのは以下の通りです。

  • アグロドラゴン

 

竜呼びの笛フェイスドラゴンのデッキの構築方法はこちらで紹介していますので、参考にしてくださいね。

注目の竜呼びの笛フェイスドラゴンの構築方法、強み、弱みは?

シャドウバースの竜呼びの笛の入手方法

ダークネス・エボルヴ

kakuritu

各レアリティのカードが出てくる確率は、公式の情報によると以下のようになっています。

  • レジェンド → 1.5%
  • ゴールドレア → 6.0%
  • シルバーレア → 25.0%
  • ブロンズレア → 67.5%

今回は、レジェンドですので、1.5%です。

 

レッドエーテルによる生成

rede-teru

レッドエーテルを使用することでどんなレアリティのカードも生成することができます。生成の消費量や分解の入手量の詳細は以下の通りです。

レア度 生成時 分解時
通常 プレミアム
虹(レジェンド) 3500 1000 2500
金(ゴールド) 800 250 600
銀(シルバー) 200 50 120
銅(ブロンズ) 50 10 30

今回はレジェンドですので、3500必要です。

 

シャドウバースの竜呼びの笛のネットでの評判は?

竜呼びの笛のネットでの評判をまとめてみました。

 

竜呼びの笛強すぎワロタ。その後出て来るカード三枚全部ヘルフレイムになってワロタ

 

竜呼びフェイスやべーわ、コレ
天敵の祝福も突進ドラゴンでボロボロに出来る

 

竜の知恵とユニコと竜呼びをデッキに入れた

 

ムシュフシュ、ジーク、竜笛
フェイスドラゴンを誰もとめれない

 

冥府はおまけよ 本命は天翼でごり押し
天翼を処理うまくされてもつれたら最後に冥府って動き そこそこ回れば8Tくらいには冥府できるよ

 

https://twitter.com/_hikky_neko/status/781705414664556544?ref_src=twsrc%5Etfw

 

 

否定的な感想

https://twitter.com/108tomo/status/781718098676158464?ref_src=twsrc%5Etfw

 

竜呼びクッソ強いけどハンドどんどん減るなこれ
4コス以上のドローソース確保しておかないと身動き取れなくなるわ

 

 

シャドウバースの竜呼びの笛の評価

初のアミュレットのレジェンドカード。

 

レジェンドであるからか、その効果も非常に魅力的です。コスト2でコスト5分の力を持つカードを扱えるので、上手く手札に3コスト以下のカードがあれば、相手を圧倒できるカードを大量に召喚できます。

 

ただし、3コスト以下でないといけないので、このカードを活かそうと思うと、デッキに3コスト以下のカードをそれなりに採用していないと、効果を活かしきれません。ドラゴンには、4コスト以上の強力なカードも多いので、そのあたりバランスをとりつつ、デッキを組む必要があると言えそうですね。

 

竜呼びの笛フェイスドラゴンのデッキの構築方法はこちらで紹介していますので、参考にしてくださいね。

注目の竜呼びの笛フェイスドラゴンの構築方法、強み、弱みは?

 

以上、シャドウバースの竜呼びの笛の評価でした。

必見情報!!

シャドウバースをプレイするのであれば、カードの種類を出来るだけたくさんGETして、いろんなクラスのデッキを思う存分味わいたいですよね!

 

ロイヤルやネクロなど様々なクラスで、色んなデッキを構築していくことが出来ますが、少しでも色んな戦略を構築しながらデッキを組み、相手に自慢したいもの。

 

けれども、課金は正直したくないというのが本音だと思います。こうなると、そんな色んなクラスの強力なデッキを作れなかったり、デッキのバリエーションを増やせず、悔しいですよね。そんな課金が出来ず、クラスを一つに絞ったり、強力なデッキを組めず悔しい思いをしている方に朗報があります!

 

実は、シャドウバースには、カードパックをGETするのに必要なクリスタルを無料でGET出来る裏技が存在します!この裏技を今使って、強力なデッキを使う人が急増しているのですが、そんな方法知りたくないですか?

 

実際に、私や私の友人もこの方法を使って、カードパックを引きまくって、色んな種類のカードを集めて、全クラスの様々な強力なデッキを構築してシャドウバースを思う存分に楽しんでいます。エイラビショップやパメラウィッチ、竜呼びの笛ドラゴンなど話題のデッキすべてを堪能することが出来ます。

 

この方法を知らないというのは、そんなシャドウバースの楽しみの80%を捨てているのと同じだと思います。気になった方は、こちらをチェックしてくださいね。⇒シャドウバースでクリスタルを無料でGETする裏ワザはこちら

 

この方法で、カードパックを大量に引きまくり、様々なデッキを構築でき、さらにシャドウバースの世界を味わえます!ライバルに強力なデッキを使って圧倒していきましょう!

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891