シャドウバース ネクロマンサーの戦い方は?

meihu
%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891

どうも、管理人のパウワウです。

 

ここでは、シャドウバースのデッキの中でも人気のネクロマンサーデッキの戦い方について紹介します。

シャドウバースのネクロマンサーデッキの特徴は?

nekuro

それでは、簡単に、ネクロマンサーデッキの全体の特徴を見ていきましょう。

 

 ➡ 墓場を利用し戦う

ルナの扱うネクロマンサークラスには、墓場を一定数消費して発動する「ネクロマンス」という効果を持つカードがあります。

 

墓場を増やす効果を持つカードも多く存在していて、効率よく墓場を増やしてネクロマンスを使っていく事が、ネクロマンサーデッキではポイントになりますよ。

 

 ➡ ネクロマンスなしでも戦える

墓地を利用するネクロマンスを使用しなくても展開の早い戦いが可能であり、デッキを少しいじるだけでミッドレンジも見据えたアグロ寄りデッキが作成可能な自由度の高いクラスです。

 

 ➡ 破壊時効果を持つカードが多い

ネクロマンサーのフォロワーには破壊された時に効果を発動するものが多いです。そのためフォロワーが破壊されても無駄にならない事が多く、墓場が増えることもネクロマンサーには有利なポイントです。

 

 ➡ 除去カードが多い

除去カードも豊富であり、ケルベロスを代表としたコスパの高いカードがあるため、フィニッシュまでの運用をマスターすれば安定した勝利を誇るデッキ構築が可能です。

 

 ➡ デッキのテーマを決めないと中途半端に終わる

デッキコンセプトを決めないと、中途半端な構成になりがちです。低コストで構築できる型も多いため、ネクロマンスの使い方に慣れてからデッキ構築すべきです。

 

以上のような特徴がネクロマンサーにはあります。これらをしっかりと理解したうえで、ネクロマンサーデッキの戦い方をみていきましょう。

シャドウバースの各ネクロマンサーデッキの戦い方は?

onna3

それでは、シャドウバースに登場する各ネクロマンサーデッキの戦い方を見ていきましょう。

 


アグロネクロマンサーの戦い方

anglo

引き直し(マリガン)

➡ スカルビーストやスカルトイサージェントなど序盤からネクロマンスを増やせる効果を持つフォロワーを持っておく

➡ 出来る限り低コストのカードを手札に残す。4以上のカードは交換に出すのがおすすめ。

 

1~3ターン

➡ 低コストのフォロワーを出来る限り出し、速攻する。

➡ ネクロマンスを溜めて相手に負荷をかけ、破壊されることで効果が発動するラビットネクロマンサーなどの、ラストワード持ちのカードを活躍させる

 

4~6ターン

 ➡ 死の祝福やファントムハウルを使い、フォロワーを増やし残った相手の体力を出来る限り4~6ターンで削り切る。

➡ ネクロマンスが6~10溜まっているのが目標。

 

7~9ターン

➡ 体力の高いフォロワーや長期戦は得意ではないので、「幽体化」や「疾走」などを駆使しリーダーHPを削りきる

 


ミッドレンジネクロの戦い方

midre

引き直し(マリガン)

➡ できるだけ低いコストのカードを残す。死の祝福やモルディカイなどの切り札を引いた場合は、他のカードのコストが1~2程度で低ければ残してもOK。

 

1~3ターン

➡ 序盤で出来るだけネクロマンスを増やす

➡ 相手のフォロワーを処理する

 

 

4~6ターン

➡ 序盤で溜めたネクロマンスを使う

➡ ゴーストライダーや死の祝福などの守護カードを場に出して、プレイヤーに攻撃するフォロワーが反撃を受けにくい状態になれば攻撃開始。

 

7ターン~

➡ 相手のフォロワーが多くなってきた頃を狙い、腐の嵐で一気に倒す。

➡ デュエリスト・モルディカイをプレイし、ウルズで増殖させたり、フォロワーを破壊して一気に攻略する



コントロール(守護)ネクロの戦い方

control

引き直し(マリガン)

➡ できるだけ低いコストのカードを残す。死の祝福を引いた場合は、他のカードのコストが低ければ残すのもOK。集団埋葬地は早めに引きたい

 

1~3ターン

 

➡ 終盤にモルディカイなどで一気に削るため、相手リーダーのダメージよりも、相手フォロワーをしっかりと倒しておく

➡ 集団埋葬地を出す

➡ 守りを固めて、手札を回す。

 

4~6ターン

➡ 相手のフォロワーが多いとき、腐の嵐を使ってもOKだが、後に死の祝福を使うことも考えると、ネクロマンスの量を調整するべき

➡ ミッドレンジ系デッキ対策で、除去カードや守護フォロワーを展開し相手に攻めづらくさせる

 

➡ 相手が終盤に大型のフォロワーを抱えているデッキの場合、「深淵への誘い」などは使わないで耐える

 

7~9ターン

➡ 溜まったネクロマンスを使い、死の祝福やゴーストライダーで守りを完全に固めます。

➡ 相手大型フォロワーが守護の対応に追われているときに、「プルート」や「モルディカイ」などで押していく

 


コンボネクロの戦い方

conb

マリガン

➡ 墓場をいかに早く肥やすかがポイントなので、集団埋葬地を最優先。

➡ 相手が早いデッキでこちらが後攻をとった場合は、悪戯なネクロマンサーをキープする

 

1〜3ターン

➡ スパルトイサージェントなどで墓地を肥やしつつ相手へのダメージも狙っていく

➡ 序盤は何よりも集団埋葬地を出来る限り早い段階で場に出す。

 

4〜6ターン

➡ 相手リーダーの体力を13以下まで削る

➡ 中盤では守護持ちの処理

 

7〜10ターン

➡ 手札にない場合、守りに専念してデスタイラントを引けることを祈る

➡ 墓場が20を肥えてくる頃合いなので、デスタイラントをプレイして相手を倒す。

 


ネクロディスティニーの戦い方

neguro

引き直し(マリガン)

➡ 運命ネクロデッキでは、出来る限り低コストを手札に残しておく

➡ 相手がロイヤルやエルフであった場合は、「腐の嵐」や「ネクロエレメンタラー」は手札に残す

 

1~3ターン

➡ 破壊されることで効果が発動するラストワード持ちのカードを多く編成しているため、相手に負担を与えていく

➡ 手札にあれば1ターン目でフォロワーを出し、運命の泉を設置する。

 

4~6ターン

➡ 中盤(4~6ターン)までには、運命の泉を設置しておきたいです。

➡ EPは「悪戯なネクロマンサー」に使ってしまってOK

➡ 「運命の泉」は場に置くのは、モルディカイなどを出して試合を決めに行くまでは、最大でも2枚にとめとく

➡ 6ターン目には「死の祝福」で盤面を一気に固めます。

 

7~9ターン

➡ 死の祝福で出したゾンビが残っていたら、「ファントムドラゴン」にEPを使い、潜伏させて強化する。

➡ モルディカイが手札にあればすぐに出してしまってOK。

➡ 終盤(7~9ターン)で強力なフォロワーを出す。

 

 


骸の王アグロネクロの戦い方

gai

引き直し(マリガン)

➡ 「集団埋葬地」や「悪霊の饗宴」が「骸の王」召喚に役立つアミュレットなので、キープする

 

1~3ターン

➡ コスト1で場に出せる「集団埋葬地」で墓地を溜めて、「悪霊の饗宴」を出した後、「スケルトンファイター」でネクロマンスを使用することで場にゴーストを召喚し、場のフォロワー数を増やす

 

4~6ターン

➡ 召喚後の「骸の王」を守るため、低コストの「ベルエンジェル」や「シールドエンジェル」を出す

➡ 骸の王で相手リーダーの体力を削る

 

6ターン~

➡ 6ターン以上の長期戦になった場合は、「スケルトンナイト」や「地獄の解放者」など倒されても、フォロワーを生み出すカードを活かす

➡ 「モルディカイ」で相手にプレッシャーを与えながら戦いましょう。



バーストネクロの戦い方

bars

マリガン(引き直し)

➡ 1~2コストで出せるフォロワーを持っておく。

➡ コンボでのワンパンを決められることがあるため、序盤に少しでもリーダーを削っておく

 

1~3ターン

➡ 序盤で相手リーダーを削りつつ、ネクロマンスを増やす。

➡ 序盤ではネクロマンスの効果をもつカードはプレイしない

 

4~6ターン

➡ 「ファントムハウル」で瞬間火力を狙うため、PPが5を超えたら「ケルベロス」を出して「ミミ」と「ココ」を手札に入れて持っていく

 

7~9ターン

➡ コンボを使って、リーダーの体力を大きく削りきる。

➡ 一歩削り損ねた場合は、「スパルトイサージェント」に「ミミ」と「ココ」等を組み合わせて攻撃したり、デモンストライク等で強引に削り切る

 


冥府ネクロの戦い方

meihu

引き直し(マリガン)

➡ 毎ターンカードをプレイできる様な手札にしておく

➡ マリガンでは毎ターン墓場を増やしていくことができる「集団埋葬地」か、ドローソースになる「ソウルコンバージョン」、「スカルウィドウ」を優先して持っておく

 

1~3ターン

➡ 序盤(1~3ターン)は、とにかく墓場を増やしつつデッキからカードを補充する。

➡ 可能な限り「集団埋葬地」は1ターン目設置する

➡ 「スカルウィドウ」と「ソウルコンバージョン」を組み合わせ使い、墓場を増やしつつ手札も3枚補充できるコンボを使う。

 

4~6ターン

➡ 中盤(4~6ターン)も序盤とほぼ同じ。

➡ 「ケルベロス」が出せるようになるので、手札に「ミミ」と「ココ」補充してから「新たなる運命」を使って「冥府への道」、「デスタイラント」を手札に呼び込みつつ、墓場を増やす

➡ 相手のフォロワーに押し切られてしまうようであれば、「ゴブリンマウントデーモン」を場に出しておき、数ターン延ばす

 

7~10ターン

➡ 墓地が溜まってきたら、勝負を決める

➡ 相手の場と体力を見つつ、「冥府への道」か「デスタイラント」のどちらを使うのがいいか確認して見極めて勝利する


 

以上、シャドウバースのネクロマンサーの戦い方になります。

参考にしてくださいね。

 

ネクロマンサー関連の情報を以下の記事でもまとめています。気になる情報をこの機会にGETしてくださいね!

 

追伸

シャドウバースでは、クリスタルを使ってカードパックをGETすることが出来ますが、シャドウバースでは、クリスタルを無料でGET出来る裏技があります。気になる方はこちらをチェックしてくださいね。⇒シャドウバースでクリスタルを無料でGETする裏ワザはこちら

 

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891